ウーマン

国際事業を展開する|韓国語の翻訳業者を活用しよう

信頼できる人に依頼

韓国語

韓国語を日本語に翻訳するためには、ウェブでのツールやケータイのアプリを使うこともできます。ただ、専門性が高くなると、独力でするのは困難なので、プロの翻訳家に依頼することをおススメします。いろいろなタイプがあるので、自分に合ったタイプを選ぶことが大切です。

国内向け文書の作成方法

スーツの人

文化を理解し誤訳を防ぐ

我が国でも韓国はビジネス面において欠かせない存在となっており、文書を国内向けに翻訳する作業が必要です。よく指摘されるように文法が近いため、インターネット上の無料サービスで韓国語を翻訳することも不可能ではありません。しかし、直訳では不自然な文章になるため、韓国の文化に詳しい事業者に翻訳を依頼したほうが正確な内容となるでしょう。たとえば、主語の省略と語順の入れ替えが可能な点は共通していますが、韓国語は助詞の使い方が異なります。同音異義語も多いですから、機械翻訳ではなく、文脈に応じて人間が翻訳したほうが誤訳を減らせるのです。さらに、韓国では取引先などと話す時でも、自分の親や上司に対して敬語を使うため、ビジネス文書は特に翻訳に注意しなければなりません。表音文字が使われていますから、若者言葉や経済分野の新語も生まれやすく、辞書に頼るだけでは完璧な翻訳は難しいと言えます。そこで、両国の言語と文化を理解した人物に依頼することが、もっとも正確に翻訳できる方法となるのです。韓国出身で我が国に長期間在住する人や留学経験がある人に加えて、韓国内の翻訳業者も選択肢となり得ます。費用はページや単語単位ではなく、韓国語の文字数に応じて決まることがほとんどです。1文字あたり2円から4円程度が多くなっています。前述のように文法と文化を熟知していることに加えて、文書の納品方法や連絡のスムーズさなども翻訳事業者選びの判断材料です。

日本と仕事で関係のある国

オペレーター

経済的に繋がりのある韓国へは、日本の企業も多く進出しています。問題となるのが言語です。生活習慣も違うので、精確な言葉で意志の疎通を図る必要があります。いまは低コストで翻訳を行なってくれる業者もいます。

外国の文書を楽に理解

文字

韓国語の翻訳は、色々なスタイルで納品をしてもらうことが出来ます。仕上がりのレベルによって単価が変わり、依頼したスタイル次第ではコストが抑えられます。各社のサイトにアクセスをすると、さらに選定がしやすくなります。